HOME どんな研修が主流?
どんな研修があるの ユニークな研修は? 会社概要
階層別にフィットした研修は? 研修の基本時間は? 代表者略歴
随時配信 毎月1日配信 第2・4日曜配信 毎週日曜配信 毎週水曜配信




毎月1日・15日配信
2003年度版
2004年度版
2005年度版
2006年度版
2007年度版
2008年度版
2009年度版
2010年度版
2011年度版

2012年度版
キャリア開発考
2022年6月15日
  
 キャリア(career)の概念は、単に職業、職務、有給の組織内の仕事に限定せず、近年では人の生き方、人生を広く含む概念として捉えられるようになってきました。キャリアとライフの2つの概念を統合して、「ライフキャリア(life career)」とも表現されます。キャリア開発とキャリア形成に対するニーズは、成果・能力にもとづく評価への移行など、社会労働環境の激変が背景にあるでしょう。働く側の者は、企業組織に依存するのではなく、キャリア形成を通して雇用されうるに値する優れた能力(エンプロイアビリティ:employability)を備え、必要とされる人材になることを次第に求められるようになってきたのです。市場価値の高い存在になることは、自分自身のライフキャリアの危機管理にも通じることです。「キャリアは本来個人が管理するもの」、といわれています。つまり、自らのキャリア形成に対する強い意志と姿勢、そのための具体的行動が求められるのです。

 人材育成を担う研修担当は、『主体的努力』が第一義であることを研修参加者の皆さんにしっかりと浸透させなければなりません。個人の自律的キャリア開発を側面から支援することが重要なのです。まだまだ「手取り足取りのお膳立てをした研修」が見受けられます。そして、研修参加者にも「お客様気分」が抜け切れない人が見られます。悪しき体質は早急に改善しましょう。
 
 
お問い合わせ 今までのアドバイス
お問い合わせ