HOME どんな研修が主流?
どんな研修があるの ユニークな研修は? 会社概要
階層別にフィットした研修は? 研修の基本時間は? 代表者略歴
随時配信 毎月1日配信 第2・4日曜配信 毎週日曜配信 毎週水曜配信




毎月1日・15日配信
2003年度版
2004年度版
2005年度版
2006年度版
2007年度版
2008年度版
2009年度版
2010年度版
2011年度版

2012年度版
経営の意識化
2020年7月1日
 
 コロナ禍の影響で、既に倒産・閉店の企業が増えています。経営者に限らず関わる大勢の人が失望の中にいます。だからこそ、公務員の皆さんにも当事者意識持って経営の意識化に努めていただきたいと思います。
 「管理職には、どのような研修が妥当(必要)でしょうか?」。幾度となく受けた質問です。その都度、「経営の勉強をしっかりしてほしい」、と言い続けてきました。経営といっても大学で学ぶような経営学とは意味が違います。基礎的で当たり前の経営に関する一般常識を身につけてほしい、ということなのです。研修で財政規模(予算など)や財政状況(経常収支や財政力指数など)を質問することがあります。残念ですが、管理職でさえ多くの人が現状を把握していません。財政課長を講師にして、現状把握から勉強してほしいと思うのです。経営を担おうとする気持ちが意識化されれば、必ず変革が起き、組織が活性化されます。管理職にはその他の研修は二の次です。
 

お問い合わせ 今までのアドバイス
お問い合わせ