HOME どんな研修が主流?
どんな研修があるの ユニークな研修は? 会社概要
階層別にフィットした研修は? 研修の基本時間は? 代表者略歴
随時配信 毎月1日配信 第2・4日曜配信 毎週日曜配信 毎週水曜配信




毎月1日・15日配信
2003年度版
2004年度版
2005年度版
2006年度版
2007年度版
2008年度版
2009年度版
2010年度版
2011年度版

2012年度版
公務員に期待すること
2019年6月1日
 
 Q: 公務員を対象とした研修実績が多いとお聞きしました。研修をとおして、ズバリ、先生が公務員に期待することを教えてください。

 A.研修の中で、「公務員の皆さんは、経営状況が悪くてもどうして給料やボーナス(期末・勤勉手当)、退職金が必ず支給されるのでしょうか?」と質問することがあります。研修参加者の皆さんは考えあぐねた末「身分が保障されることで公務員の仕事が遂行できるから・・・」と答えます。私もそのとおりだと思います。余程のことがない限り、公務員の皆さんは生活も身分も保障されているのです。だとしたら、もっと大胆に生きてほしい、と私は思います。生活や身分が保障されることは、公務員の特権です。この特権をもっと活用(利用)してほしいと思うのです。“筋を通す”“自分の考えが正しいければ勇気を奮って主張する”“目先のことにこだわり過ぎない”etc。少々のことがあっても生活の保障はあるのですから・・・独りよがりや給料に見合った働きをしないのは困りますが、『大胆に生きる』を期待したいものです。そういう生き方をしないと必ず後悔します。
二度の転職、そして、不景気のどん底(バブル崩壊)に独立した経験から私の得た教訓です。
 
 
お問い合わせ 今までのアドバイス
お問い合わせ