HOME どんな研修が主流?
どんな研修があるの ユニークな研修は? 会社概要
階層別にフィットした研修は? 研修の基本時間は? 代表者略歴
随時配信 毎月1日配信 第2・4日曜配信 毎週日曜配信 毎週水曜配信




毎月1日・15日配信
2003年度版
2004年度版
2005年度版
2006年度版
2007年度版
2008年度版
2009年度版
2010年度版
2011年度版

2012年度版
総括
2019年11月1日

 Q:研修担当として、精一杯頑張ってきた、頑張っているつもりですが、何かが欠けているような気がしてなりません。来年は異動の予感もします。抽象的な質問で恐縮ですが、アドバイスをお願いいたします。

A:一方的なコメントとなりますが、ご了承ください。『総括』という言葉があります。政治活動や組合運動などで、以後の運動のため、それまで行ってきた方針や成果を自ら評価・検討するときなどに、このような言葉が使われる場合があります。(当然、他の意味でもこの言葉は使われます)今後の運動(人材育成)のために、あなた自身、この機会にしっかりとこれまでの歩みを『総括』してはいかがでしょう。私の勝手な推測ですが、自治体の研修担当の皆さんには、とりわけこの『総括』が不足しているような気がします。前任者から引き継いだ研修、自分で新規に企画した研修、あるいは廃止した研修、さらには、受講者の反応や講師の選定など、多岐に亘って主観を交えず真摯に記録してみる。何が良くて、何がダメだったのかを伝え残す義務があるのでは、と私は思います。
 
 
お問い合わせ 今までのアドバイス
お問い合わせ