HOME どんな研修が主流?
どんな研修があるの ユニークな研修は? 会社概要
階層別にフィットした研修は? 研修の基本時間は? 代表者略歴
随時配信 毎月1日配信 第2・4日曜配信 毎週日曜配信 毎週水曜配信




毎月1日・15日配信
2003年度版
2004年度版
2005年度版
2006年度版
2007年度版
2008年度版
2009年度版
2010年度版
2011年度版

2012年度版
記憶をたどる7(有言実行
2021年5月1日

30有余年の講師人生の記憶をたどって、時々の思いを数回配信させていただきます。

 記憶が定かではありませんが、福岡県某市から人事評価者研修を依頼されたのはかれこれ20年くらい前のことです。評価者研修と被評価者研修で4、5年伺ったように思います。試行期間を経て運用が開始されると、あちこちに改善の必要が生じてきます。それなのに改善がされないまま時だけが経過してしまうのが世の常です。講師の立場としては、早期に改善に着手することを勧めるのですが、ままならないようです。理由は改善・改訂作業は並大抵ではないからです。
 そのような現実が多い中で、同市のKさん(当時30歳前後)は、「改善・改訂作業を必ずやります」、と決心を私に語りました。彼の熱心さに打たれ応援することを私も誓いました。旅費交通費・宿泊代、全て当方の負担。もう一人の講師と同行して2日間付きっ切りでアドバイスをしました。その後はメールでのやり取りが続きました。1年間の時を経て、素晴らしい改善・改訂された人事評価制度(マニュアル)が届きました。彼の情熱は私の脳裏に今でも焼き付いています。


お問い合わせ 今までのアドバイス
お問い合わせ