HOME どんな研修が主流?
どんな研修があるの? ユニークな研修は? 会社概要
階層別にフィットした研修は? 研修の基本時間は? 代表者略歴
随時配信 毎月1日配信 第2・4日曜配信 毎週日曜配信 随週水曜配信
2003年度版
2004年度版
2005年度版
2006年度版
2007年度版
2008年度版
2009年度版
2010年度版
2011年度版

2012年度版
6万円の美談 2019年6月
 
 那覇空港で何か悩んでいるような青年に埼玉県の医師、猪野屋さんが声をかけた。聞くと、「航空券代6万円の入った財布をなくし与那国島の叔父の葬儀に行けず途方に暮れている」、という。こまっていたのは那覇市の高校2年生崎元さん(17)だった。猪野屋さんは、高い金額だったが、飛行機の時間が迫っていたので、見ず知らずの学生に急いで6万円を渡した。
 学校の名前を聞いていたので、翌日に電話したところ、「そんな生徒はいない」と言われた(工業高校を工業専門学校と間違っていたため)猪野屋さん。「やはり騙された」と思った。ところが2週間後に同僚から、沖縄の新聞の記事のことを知らされた。記事には「お礼がしたい」という崎元さんの写真が大きく載っていた。それを見て、
猪野屋さんは涙が止まらなかった。(崎元さんは葬儀にも間に合い、財布も良い人に拾われ手元に戻った。5月21日、二人は1か月ぶりに再会を果たした)
今までの宝石箱